読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

即興詩 桜

二十年前、父は末期の癌だった。

遠い山並に小さく満開の桜を見やり、

「今年の桜が最後か」と言った。

その年の六月、父は逝った。

爾来、わたしは桜を見るたび、

鼻の奥がつんとするような哀しみを憶えてきた。

しかし。

わたしが三十を過ぎた頃からだろうか、

桜は、わたしに特別な感興を催すことがなくなってきた。

気がついたらわたしは、

見頃の桜を見損ない、

擦り減った靴で、濡れた花びらをくしゃくしゃと踏んで、

乾いた初夏を迎えた。

そうしてすぐに、

息が詰まるほどの真夏の熱気に包まれた。

桜よ。わたしは今年もまた、まだあなたを見ていない。

あなたは本当に生き急ぐから。

あなたは本当に生き急ぐから。

わたしはことしで三十五になる。

父が逝ったのは二十年前の初夏だった。

桜は、すべて散ってしまっていた。

「今年の桜が最後か」と父は言った。